初めての出産時に本当にあってよかった物!出産&入院編

便利グッズ
スポンサーリンク

いらっしゃいませ〜、成分無調整な新米ママのうこ(@uco_blog)です。

2018年の8月に初めての妊娠が分かった私が、まず最初に肝に命じた事
それは…

必要になったら買う

うこ
うこ

初めての出産で何を用意して臨めばいいのー!?

経産婦さんはよくわかると思いますが、買ったはいいけど使わないものも多かったと思います。

私は周りの経産婦さんから

「必要になったら買え」

というありがたい(?)お言葉をいただき、本当に必要になってから(むしろ困ってから)買うようにしました。

その中でも私的に出産&入院に特に役に立ったもの3つを妊娠中/妊娠予定の方にお届けします。

参考にしてください♪

※出産&入院の時期や状況によって必要なものも変わってきます。この記事は以下を前提に書いております。
時期:春 入院状況:個室に6日間

スポンサーリンク

初めての出産時に本当にあってよかった物:出産時【陣痛〜分娩終了まで】

あってよかったもの① 
ストロー付きペットボトルキャップ

まずはこれに尽きます…!

私的には本当にあってよかった。

なかったら水をベッドに撒き散らしてる自身ある。

陣痛の波の合間にさっと水分補給しようと思ったら、基本寝ながらなので、とても役に経ちました。

ちょっと起き上がって、ペットボトルの飲み口に口を着ける行動ですら、きっと煩わしいです。

うこ
うこ

おすすめは上記のようなシリコンタイプのストローですね。普通のプラスチックストローを使ってるタイプよりも、勢いよく咥えても安全なので…(笑)


あってよかったもの② 
ブランケットやカイロなど保温グッズ

陣痛は分類的にはお腹の痛みなので、お腹や腰を温めるとちょっと楽になることがありました。

気休め程度ですが)

出血もしますので、人によっては寒気を感じることも多いそうです。

専用のブランケットを買う必要もないので、お家にあるバスタオルやひざ掛けとかでも良さそうです。

うこ
うこ

私はちなみに腰に12時間ほどカイロを貼り付けたまま(忘れてた)出産したので、終わった直後は異様に暑かったです(笑)助産師さんにも「こりゃ、暑いわ」と笑われました。


あってよかったもの③ 
うちわ

上で保温グッズを進めておいて、なんなのですが…。

陣痛中は暑くなったり寒くなったり忙しいんです。

私はずーっと顔だけが暑くて、濡らしたハンカチを顔にかけて唸ってました。

病院にもよりますが、陣痛室/分娩室が個別空調を備えてるとは限らないのです。

全館統一空調も珍しくないので、自分の体温調整が出来るようなグッズは揃えておきたいところです。

うこ
うこ

途中で様子を見に来てくれた父が扇いでくれたのですが、強く扇ぎすぎて寒くなってしまって「寒いっ!!」って怒ってしまいました。ごめんね、お父さん。「もうちょっと優しく扇いで」の14文字も煩わしかった娘を許しておくれ。


番外編 
着替え 

ちょっと何を言っているか、わからないと思いますが(笑)

これはあってよかった物というよりは、あってほしかった物ですね。

夜中に破水してそのまま入院だったので、完全に着替えを忘れました

特に欲しかったのはキャミソール。

汗と体液と胎便で汚れたまま、私はもう1日過ごしました。

みなさん、ちゃんと着替えは用意していきましょう

うこ
うこ

入院の手引きにあった、ブラ、産褥ショーツやパジャマはあったのですが、キャミソールって盲点でした。

初めての出産時に本当にあってよかった物入院時【初日(子育て開始)〜退院】

あってよかったもの① 
授乳口付きマタニティパジャマ

おそらく出産前からマタニティでも着れるようなパジャマをお持ちかと思うので、基本はそれでいいと思います。

私が伝えたいのは『授乳口付き』がめっちゃ便利だったという事ですね。

前開きのタイプなど色々ありますが、特に脇の下に授乳口があるタイプに助けられました。

出産直後は起き上がるのもままならないので、(特に夜間は)添え乳が多いと思います。

前開きはいちいちボタンを外さなければいけませんが、このタイプはむしろ横になるとおっぱいがでます(笑)

この時私は初産だったのもあって、漏れてくる母乳もなく基本ノーブラでした。

ブラをつけている方は逆にやりにくいかもしれません。

慣れればもちろん便利ですが、退院後に授乳ブラをつけ始めてしばらくはちょっと大変でした。

うこ
うこ

あと、気をつけないと授乳口から普通におっぱいが見えます。
私は常にキャミソールを着てましたが、ノーブラの方は気をつけてください。


あってよかったもの② 
円座クッション

経膣出産の人には、これはまさに「あってよかった」ですね。

私は自前のを用意していなかったので、病院のを借りてました。

しかし病院で借りられなかった場合は悪夢なので、しばらく使うと思いますから、自分で買っても損しないと思います。

あと、当たり前ですが病院のは誰が使ったか分からないので、気にする方は予め用意する事をおすすめします!

タオルを丸めて円にする方法とか色々あるみたいですが、専用商品には勝てませんね。

うこ
うこ

なるべく硬くて穴の大きい物がいいと思います。
下記の商品は、評価が良さそうです。名前も病院のU字…!

Amazonはこちら

楽天はこちら

Yahoo!ショッピングはこちら

あってよかったもの③ 
モバイルバッテリー(充電式)

以外と忘れがちなのが、携帯関連

大部屋の方はイヤフォンなども必要かと思いますが、まずは充電環境を整えたいところです。

おそらく、多くの病院は携帯の使用を制限(一部エリアは使用可能など)しているかと思いますが、加えて充電を大っぴらにOKしている所は少ないと思います。

ベッド周りにもコンセントがありますが、あくまで医療機器用のコンセントだと思います。

勝手に使っていら怒られますので、まずは病院に聞いてみましょう

私は最初から

「充電は出来ないので、モバイルバッテリーを用意してください。」

と言われていました。

Anker PowerCore II 10000のような

大容量を選べば、出産の報告などを気兼ねなく出来ますね♪

うこ
うこ

母が買って来た物が電池式(単3×4本)だったのですが、電池式は1回フル充電したら、もうその電池は充電には使えません。

10000は容量の大きさを表しますが、これだけあればスマホを2回〜3回(機種による)フル充電できますよ!

Anker公式オンラインストアはこちら

Amazonはこちら

楽天はこちら

Yahoo!ショッピングはこちら

初めての出産時に本当にあってよかった物のまとめ

いかがだったでしょうか、少しでも参考になると嬉しいです。

出産&入院は十人十色なので、あなたに合ったものを買ってくださいね。

一個だけ私が伝えたいのが、

必要になったら買う

あれこれ最初から準備するよりも「本当に必要になったと思ったら買う事」で、後悔しない出産&入院になるかと思います♪

マタニティライフよりも短い期間ですので、家にあるもので代用できるなら、それに越したことはないですよね。

この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。
ありがとうございました〜。

今回のつぶやき
うこ
うこ

ここには書きませんでしたが、授乳クッションも入院初日からあれば便利ですね。私は2日目に買って来てもらいました(笑)
ほとんど添え乳ならいらないのでは?と思うかもしれませんが、腰に当てたり、足を乗せたり…。主に普通のクッションとして使ってました。

タイトルとURLをコピーしました